こんな未熟な俺が父親に本当になれるのか

子どもと接するうちに父親に育っていくから安心して!

父親像がもてないという世代

父親になる、とはいってもあなただけに「大黒柱になれ」と言っているわけではありません。
また、強さや粘り強さは男親だけに求められるのではありません。
夫婦が親になれば父親、母親になるわけですが、きっぱりと役割分担するわけではないんです。
そのときどきに応じて、臨機応変に子育てに関わればいいんです。

父親になることを不安に思う理由の1つとして、自分たちを育ててくれた父親象と違うから、ということがあるのかもしれませn。
皆さんのお父さん世代の日本は高度経済成長期で、サラリーマンは夜遅くまで仕事、家にいる時間が少なかったという人も多いことでしょう。
お父さんとの接触が少なかった人が、いったい何をしたらいいのか分からないということはあると思います。

日々子どもと接する、その積み重ねが「育児」というもの

でも大丈夫です。
育児は、育児をしながらうまくなっていくものですから。
「生まれてきてくれて本当にありがとう」という思いで、その日その日を大切に、子どもと接していく。
その積み重ねでしかないのです。
子どもと過ごす1つ1つの出来事があなたを父親にします。
ですから、まずは一緒にいる時間をできるだけ長くするライフプランというのを立ててみてはいかがでしょうか。
「仕事時間が長い父親ほど、育児の自信がない」という調査結果もあります。
「おしゃべりするようになったら」「キャッチボールができるようになったら遊ぶ」と思うパパも多いのですが、肝心なのは生まれてから最初の500日、最初の1年半。
この時期に父親として一緒に育児にかかわると、妻の愛情曲線は上がるといったデータもあります。
御茶ノ水女子大学教授の菅原ますみ先生のデータによると、妻の愛情が冷めていていく理由としては、「乳幼児期の家事育児への不参加」があげられるそうです。

夫婦で「未来人育て」の情報を共有しよう

今は色々な不安があるかもしれませんが、それはあなたが真剣に「いい父親になりたい」と思っている愛の証でもあると私は思っています。
真剣だからこそ悩むですものね。

これから先のこおで見通しが立たないと感じることは、勇気出してあなたの奥さんと話し合ってみましょう。
お互いに、「俺、○○について不安なんだけど、どう思う?」という感じであなたの奥さんと意見交換や情報交換をしてはじめて見通しが付くといったことも多いはず。

もしあなたの奥さんから親になる不安を抱えているようだったら、「子どもが生まれて大変だけど幸せ」と言っている友人の家でいってみて、実際に生活を見せてもらうといったことも大事です。
子どもを抱いているときの笑顔をみせてもらうことだけでも、あなたの脳内にはポジティブな印象が焼き付くはずです。

おすすめ
お父さんになる前にタトゥー除去

■おすすめの行動プラン

・子どもと過ごす時間を増やすために、自分の仕事上で工夫できることを探してみる
・具体的に産後500日で1日何時間子どもと過ごすことができるのかを考えてみて、奥さんと話し合ってみる
・毎日なにか1つでも自分が担当する子どものケアや家事を決めて続けてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です