嫁姑(あるいは婿)の関係が悪い

まず重要なのは「夫婦」です。親との関係も率直に話し合ってみて。

子育てはなあなたち夫婦の考えが基本となる

21世紀に入った今、日本の家庭の75%は各家族、25%が同居と言われています。
4世帯に1世帯の同居家族では特に、前の世代の影響を受ける生活でしょうが、これから生まれてくる子どもは前の世代のために生まれてくるわけではありません。
ご先祖様がいたからこそ今があるわけですが、子育てにおいて大事なのはあなたがた夫婦なのです。
2人で「自分たちの考えと責任において子育てする」という考えさえもっていれば、それぞれの親との問題を正直に打ち明けられるのではないかと感じます。

お互いの親にどう接して欲しいのか話してみよう

古今東西、嫁と姑という義理の親との関係についてはさまざまな問題があるものです。
自分の親も大事ならば同じように相手の親も大事なもの。
人の行動というのは9割が無意識だと言われていますが、自分の親に対してはリラックスしていても、相手の親に対して緊張してしまうものですよね。

でも、これはお互いさまですので、「自分の親にはこうしてほしい」ということを彼女にはっきりと伝えるとともに、「君の親にはどう接していったらうれしい?」と聞いておきましょう。
お互いの親に対することを話し合う時間を赤ちゃんが生まれてくる前に持てたら素晴らしいですよね。

実際に子どもが生まれてきたら、4人のおじいちゃん・おばあちゃんにとって孫はかけがえのない存在となります。
子どもを通して義理の両親との付き合いの深さはいっそう加速していくことだろうと思います。

そうした中で、夫としてのあなたの立場はとても大切です。
いきなり「俺のおふくろの言うことは聞いてくれよ」では、あなたの奥さんは苦しみますよ。
小さな子どもを迎える時期の今現在は、まずは奥さんを大事にしてあげないと、子育てに対するエネルギーもわかなくなってしまいます。

善意のアドバイスが奥さんの負担になっていない?

最近は、あからさまに嫌なことを押し付ける姑さんは少ないようです。
しかし、「善意でやってくれているお義姉さん」が心の負担になるといったケースがあります。
たとえばお母さんがウェディングドレスを塗ってくれたという妻がいます。
妻がもしそのデザインを気に入っていなくても、嫌とは言えませんよね。
子育てに関しても「こうしたほうがいいのよ」と善意で教えてくれることでしょう。
妻と義母の間の緊張というのは、あなたが妻と両親との間に感じているという緊張よりもはるかに高いものなのです。

あなたのお母さんが善意でやってくれているサポートが妻の心の負担になっているという場合、「善意でやっているのだから、我慢して」というのか「ストレスになってない?」と聞くのとでは、妻の感情は大違いです。
また妻はこれから20年以上毎日子育てをしていくわけですので、まずはあなたがあなたの奥さんの心の根っこに水を注いであげてくださいね。

おすすめ
でべそ手術の口コミ・費用・クリニック探し

■おすすめの行動プラン

・お互いの親に対し、どんな態度が嬉しいのか、夫婦で確認しあってみる
・あなたの母親がしていることが、妻の負担・ストレスになっていないかを確認してみる
・祖父母にサポートされて嬉しいということを強調しておく

こんな未熟な俺が父親に本当になれるのか

子どもと接するうちに父親に育っていくから安心して!

父親像がもてないという世代

父親になる、とはいってもあなただけに「大黒柱になれ」と言っているわけではありません。
また、強さや粘り強さは男親だけに求められるのではありません。
夫婦が親になれば父親、母親になるわけですが、きっぱりと役割分担するわけではないんです。
そのときどきに応じて、臨機応変に子育てに関わればいいんです。

父親になることを不安に思う理由の1つとして、自分たちを育ててくれた父親象と違うから、ということがあるのかもしれませn。
皆さんのお父さん世代の日本は高度経済成長期で、サラリーマンは夜遅くまで仕事、家にいる時間が少なかったという人も多いことでしょう。
お父さんとの接触が少なかった人が、いったい何をしたらいいのか分からないということはあると思います。

日々子どもと接する、その積み重ねが「育児」というもの

でも大丈夫です。
育児は、育児をしながらうまくなっていくものですから。
「生まれてきてくれて本当にありがとう」という思いで、その日その日を大切に、子どもと接していく。
その積み重ねでしかないのです。
子どもと過ごす1つ1つの出来事があなたを父親にします。
ですから、まずは一緒にいる時間をできるだけ長くするライフプランというのを立ててみてはいかがでしょうか。
「仕事時間が長い父親ほど、育児の自信がない」という調査結果もあります。
「おしゃべりするようになったら」「キャッチボールができるようになったら遊ぶ」と思うパパも多いのですが、肝心なのは生まれてから最初の500日、最初の1年半。
この時期に父親として一緒に育児にかかわると、妻の愛情曲線は上がるといったデータもあります。
御茶ノ水女子大学教授の菅原ますみ先生のデータによると、妻の愛情が冷めていていく理由としては、「乳幼児期の家事育児への不参加」があげられるそうです。

夫婦で「未来人育て」の情報を共有しよう

今は色々な不安があるかもしれませんが、それはあなたが真剣に「いい父親になりたい」と思っている愛の証でもあると私は思っています。
真剣だからこそ悩むですものね。

これから先のこおで見通しが立たないと感じることは、勇気出してあなたの奥さんと話し合ってみましょう。
お互いに、「俺、○○について不安なんだけど、どう思う?」という感じであなたの奥さんと意見交換や情報交換をしてはじめて見通しが付くといったことも多いはず。

もしあなたの奥さんから親になる不安を抱えているようだったら、「子どもが生まれて大変だけど幸せ」と言っている友人の家でいってみて、実際に生活を見せてもらうといったことも大事です。
子どもを抱いているときの笑顔をみせてもらうことだけでも、あなたの脳内にはポジティブな印象が焼き付くはずです。

おすすめ
お父さんになる前にタトゥー除去

■おすすめの行動プラン

・子どもと過ごす時間を増やすために、自分の仕事上で工夫できることを探してみる
・具体的に産後500日で1日何時間子どもと過ごすことができるのかを考えてみて、奥さんと話し合ってみる
・毎日なにか1つでも自分が担当する子どものケアや家事を決めて続けてみる

「親になる実感が湧かない」って言ったら不機嫌になってしまった

実感がなくて当たり前。男女ともに実感が湧くのは子を出産してから。

一緒に想像してワクワクしてみる

あなたの「実感がわかない」という発言は、彼女の耳にはこう聞こえるでしょう。
「俺は妊娠したという今の君の状態について、想像力を働かせる気は一切ない」と。
勝手にそう解釈されてしまって、彼女のストレスになってしまったのでしょう。
「実感がわかない」とストレートに口にする前に、「今、どんな感じなの?」とか「赤ちゃんはどんな子なんだろう?」とか一緒にワクワクしてイメージを膨らませられるような”話しかけ言葉”を送って欲しいと思います。
それが「どうしたら実感がわくのか?」ということよりも非常に大切なことなんです。

人は支えてもらってから自己受容することができるもの

ストレスというのは、見通しが立たないときに感じてしまうものです。
カウンセリングの世界では、見通しが立たないときに明確にするとよいのは、”要求と支援”といわれています。
具体的に何が必要で、何をしてほしいのか、どうしたいのか、他人への要求、自分への要求、支援、支えてもらえてこそ、人は自己受容できるものです。

一生懸命名前を考えてくれたり、「出産はできないけど、俺にできることはなんだろう?」と頑張ってくれたりしている夫の姿に、妻は愛を感じるものなんです。
事実だとしても、「実感が湧かない」とストレートに告げてしまうと、「この人は想像力を働かせようとしてくれないのね」と感じてしまうし、そう宣言しているように女性には聞こえてしまうものです。

実感は生まれてから湧いてくるもの

実は彼女だって、妊娠しているという事実があったても、自分の子どもを抱っこする実感だったり、子育てをする実感なんてまだ分からないんです。
夫のあなたに実感が湧くのもきっと生まれてきてからです。
出産直後の約3kgの我が子を抱き上げたときにはじめて、ずっしりと重みを感じて実感が湧き上がってきます。
顔が自分に似ているのが分かって、はじめて実感が湧いたという人もいます。

親になることを実感できればいいパパで、実感できなければ悪いパパだということはありません。
であれば、色々な想像をめぐらせてみてはいかがでしょうか。
人間の赤ちゃんはおなかの中にいる40週間の中で36億年の清見の歴史をたどるといわれています。
そこから換算すると1日は10万年です。
最初は魚のような形からタツノオトシゴのような形になり、どんどん人間らしくなっていく。
そんなお腹の赤ちゃんの成長たどった本などを読みながら、「どんな子が生まれてくるのだろう」とか「どんな名前にしようか」とか「赤ちゃんがやってきたら、どんな生活になるのか」といった言葉を発してみてください。
「幸せに楽しくなることを一緒に考えていこう」という態度が1番大切です。

おすすめ
妊活ラボ

■おすすめフレーズ

・「まだ子どもの顔とか抱っこする実感とかわかないけど、すごく楽しみだな」
・「かわいいだろうなあ〜。親になった実感って、どんなときに湧くんだろうね?」
・「君がもう親になる実感がある?俺もリアルに実感したいなあ!」

ネガティブになっている妻を元気づけるためには

話しを聞いてあげることと、おなかに話しかけてあげること

妻は気持ちを聞いて欲しいというだけ

女性というのは、心配事があるとついついネガティブな言葉が出てきてしまうもの。
なぜなら女性の脳は、話しながら考えていくといったことが得意だからです。
感情を言語化させながら、思考をまとめていくという作業をしているんです。
「女性の脳は、しゃべりながら考える脳。一方で男性の脳は筋論とか論理が得意」と、水泳の北島康介のメンタルコーチをしていた林先生の著書にも書かれています。

なので、あなたの奥さんもネガティブで見通しが立たないときは「見通しがいかに立たないか」ということをこまごまと説明していくことでしょう。
それを聞いた男性は「最短時間で最大効果の解決策をだして」と言われているような気がするかもしれません。
「俺が何もしないことを責められているのか?」と感じてしまう場合もあるかもしれません。
でも本当はそういうことではなく、妻はあなたに気持ちを聞いてもらうというだけで、すごく楽になっているのです。

解決しようとしなくてもいい

そんなときの気持ちの聞き方にはちょっとしたコツが必要になってきます。
あなたは自分のことを「リスニングボランティア」だとおもってください。
話を聞くときには、「うんうん」とうなずきながら、途中で否定したり、批判したりせずにありのままに聞く。
どんなにネガティブなことを言っていたとしても、決して「あなたに解決してほしい」と言っている・考えているわけではありません。
とにかく妻の気持ちを聞くということが1番大事なことであって、それがとても彼女にとって助けとなっているんです。
そして、話を聞いたあとは、「大変だったね」と教官する言葉を忘れないことです。

「話を聞くだけで本当にいのか?何か具体的なアドバイスをしなくていいのか?」と疑問に感じてしまうかもしれませんが、彼女の欲しいのは感じたままを話せるという安心感であって、具体的な解決策が欲しいときは「どうすればいのか」と聞いてくると思います。
そんなときには、一緒に具体的な解決策を考えてあげるとよいでしょう。

おなかに話しかけてあげることは、妻にとったら非常に嬉しいこと
もう1つ、ネガティブな奥さんをフォローするコツをお教えしましょう。
それは、毎日お腹に話しかけてあげるということです。
妻から「あなた、おなかに話しかけてよ」と言われる前に、自発的にお腹の赤ちゃんに話しかけていきましょう。

最初は、「おはよう」でも、「こんにちは」でも挨拶程度でいいんです。
だんだん色々な言葉が出てくるものです。
話しかけの言葉で1番人気があるのは、「ママをとらないでね」。
この言葉からは、「私たち2人の子どもなんだなあ」「1番だいじなのは私たち2人の関係なんだなあ」とあなたの奥さんもきっと感じてくれることでしょう。

おすすめ
太りたい女性のための健康情報

■おすすめの行動プラン

・リスニングボランティアだと持って、妻の話を聞くことだけに徹してみる
・傾聴・観察・確認・共感というプロカウンセラーのスキルを学んでみる
・「結論から先に言ってくれない?」「話しにオチがない」などの言葉は絶対禁句!

体に触れるのを嫌がるようになった、もう女ではないの?

2人の愛情や性というものは日々バージョンアップしていくということ

妊娠した女性が性に消極的になってしまう理由

命は、性からしか始まることはありません。
性とは”心が生きる”と書くように、一組の男性と女性が心と体と暮らしを重ねていく中で、命は始まります。

でも、性的対象としてもとても魅力的だったあなたの奥さんが妊娠してから、急に母親モードになってしまったと感じるのですね。

妊娠した女性が性に消極的になるのは、「妊娠初期だから流産が心配」といった気持ちもあることでしょう。
お腹の赤ちゃんに何かあったら、自分たちの性が二度と楽しめなくなってしまうのではないかと思って怖い。
リスクをおかすくらいだったら、大事な時期だからこそローリスクでいきたいという気持ちもあるのかもしれません。

妊娠・出産でカップルの性はバージョンアップしていく

妊娠や出産で、あなたの奥さんは女ではなくなるといったことはありません。
安心してくださいね。
それどころか、女性として最も肉体的な機能を発揮して、喜びを与えるのが妊娠や出産という営みです。
今、あなたの奥さんの体は変化していっています。
ある意味、バージョンアップをしていっているんです。
妊娠前の2人のセクシュアリティのままなのは、むしろ不自然なんです。
2人の間には新しいOS(基本ソフト)を入れなければなりません。
妊娠前のカップルの性、妊娠中のカップルの性、産後のカップルの性、どれも同じOSではダメです。
時間が重なり、ステージは変わっていき、2人は必ず進化してくのですから。

子どもが2人目、3人目と生まれているカップルには、産後の性がそれぞれおのステージでバージョンアップしたからこそ、次の子を授かったというわけです。

今の自分たちの体調だったら、どんなセクシュアリティがうれしいのか、「以前と変わってしまった」とはいっても、昨日と全く同じという人間は誰もいません。
体調も毎日変わっていますし、細胞も毎日入れ替わっています。
だから、その日の関係性も毎日のように違ってくるんです。
生きていく限り毎日、新しい自分たちの関係性をつくっていくというスタンスで前に進んでいきましょう。

2人で過ごすやさしい時間を増やしていこう

女性は、今何かあったらどうしようという怖さ、そして体のほうは妊娠を順調にすすめるために、子宮が収縮したりするセクシュルな時間を最小限にしようとするモードになっています。
ここはちょと見守ってあげてみてください。
15週にもなれば、赤ちゃんの胎盤もできあがって、体調も落ち着いてきます。
妊娠が分かってからの3ヶ月くらいの時期は、赤ちゃんの内臓を形成する大事な時期です。
彼女のおなかのなあkには、あなたの血を半分引いているお子さんが一生使う臓器を作っている最中なのです。

2人の時間を楽しむためにも、オーガニックレストランで言ったり、髪をなでであげたり、腰をさすってあげたり、背中をなでてあげたりしてみてはいかがでしょうか。
愛する人に守られているという実感と、時間を過ごすことができれば、体調が落ち着いたときにセクシーな時間がもてます。

■おすすめの行動プラン

・背中をなでおろすような、優しいマッサージをしてあげる
・「大切だよ」と言葉に出して、ギュッと抱きしめてあげる
・「大丈夫な日には、またイチャイチャしたいと思っているんだ」と正直に伝える

これからお母さんになるというのに、仕事のことばかり悩んでいる。

「子育て」という仕事も、今仕事も両方大切だということ

女性だって、「仕事か、子どもか」ではないということ

働いている女性であれば、今の仕事を続けるのか、そして辞めるのか、産休・育休はどう取得すればいいのか、出産までの仕事のボリュームはどうするのか、あれこれと考えることが多いはずです。
妊娠が分かって真っ先に「えっ!私が進めているプロジェクトはどうしよう」とあせる人も少なくはありません。

また、今の時代は夫の勤め先の景気もあまりよくないだとか、正社員ではないとかいった事情がある人も多いことでしょう。
経済状況を考えてしまうと、仕事をもっている女性が、妊娠を機に辞めることができるというケースは少ないと思います。

妻はこれから母親となるわけですが、だからといって「仕事より子どもが大事」と、今の仕事をすべて後回しにするということはできないことも理解してあげてください。

子育ても「未来人をつくる」という仕事だということ

そもそも、出産・育児も「命を育てる」という意味では仕事です。
子どもが社会人になるまでの約25年間、学校を卒業して就職するまで続く”未来人育成プロジェクト”なのです。

社会的な仕事としてとらえてみると、子育ても企業で働くということも、パートタイマー、アルバイトとしても、全てのしごとは誰かのためのサービスであり、ものづくりです。
すべての仕事は人の幸せのためにあると私は考えています。

子育ても、家庭という社会の1番小さな単位で未来人をつくるという仕事です。
その未来人を育てるという仕事に対して誇りと自信を持って、続けていくためにも、女性が「社会に喜ばれる自分である」ということを臨むのは、とても健康的なことだと私は感じます。

これからは男女一緒に、仕事も子育ても

これからパパになるという人の中には、専業主婦の母親に育てられたという人も多いでしょう。
お父さん
たちが農業や漁業などの地域の産業に従事していた時期から、第二次産業、第三次産業と変化していくにつれ、住まいと勤務先が離れ、母親は専業主婦として子どもたちを守るというライフスタイルが主流となりました。
しかし、これからは情報産業の時代で、しかも超高齢化社会、夫婦がともに子育てをしながら働き、男性も「仕事も家庭も育児も」っていう時代なんです。
女性が母になると同時に仕事のことについて悩むというのはあたりまえです。
子どもを幸せな大人へと育て上げるためには、育てる大人も幸せであるということは必要です。
生まれてくる子どものため、植皮や学費の資金調達に見通しやゆとりがほしいのは親としては当然です。
「育児が1番大事で、仕事はどうでもいい」というわけにはいかないのです。
男性もそれは同じですよね。

赤ちゃんを産んで育てるというライフプランと、仕事、持ち家の購入などワークプランの両方について、あらためてお互いひざを付きあわせて話をするという時期なのかもしれません。

■おすすめの行動プラン

・3年後や5年後の仕事と育児の時間バランスを2人で一緒に書きだしてみる
・子育てをしながら続けられる仕事の種類や方法を検討してみる
・25年カレンダーを作って、妻が働き続けた場合と働かない場合の収入を比較してみる

なんであんなに弱気なの?望んだ妊娠なのに

心身ともに変化しているあなたの奥さんを支えられるのはあなただということ

「妊娠中は、幸せでいっぱい」だとは限らないということ

妻が妊娠しているとわかったときに「やったー!」と手を取り合って、喜んだ夫婦の方もいらっしゃることでしょう。
2人の間に赤ちゃんができるということは大変すばらしいことですし、その喜び、感動たるや言葉にできなような感覚ですよね。

しかしその一報、妊娠判明から少し日が経つにつれて、あなたの奥さんは体調が悪そうにしていたり、愚痴であったりネカティブなことを口にすることが多くなることがあるかもしれません。
そうしたときにあなたは、「あれ?嬉しかったはずなんじゃないの?」「妊娠中は幸せの満開の日々なんじゃないの?」と疑問を持つかもしれません。
「バラ色のマタニティライフ」というのはイメージが崩れてしまうかもしれません。

心身の変化というのは、赤ちゃんのためでもあります。

赤ちゃんを宿したあなたの奥さんには、どんな心境の変化が起こっているのでしょうか。
心の中では、「私はちゃんとした母親になれるのだろうか」「ちゃんと産めるのかしら」と漠然とした多くの不安を抱えています。
初めての経験で、まだ将来の見通しがたたないからなのです。

また、体調不安定からくる影響で消極的になってしまうという傾向もあります。
妊娠初期や、心拍が動き出した頃の赤ちゃんの大きさは5mm、その赤ちゃんの血管というのは髪の毛よりも細いため、そこに血液を順調に送っていくためにはあまり動きまわろうとは思わなくなります。
ちょっと内向きになってしまうのです。
その変化というのは、はたからみると多少ネガティブな印象を感じてしまいますが、これは順調な証拠。
だって、妊娠したとたん、パートナーが海外渡航手続きをしたりだとか、バンジージャンプに挑戦したりだとかといった果敢な計画を、もし立てたとしたら、それこそ赤ちゃんにとって危険ですよね。
赤ちゃんにとっては、ママが行動範囲をせまめて、少し消極的になって、神経が高ぶらないでいてくれたほうが嬉しいものなのです。

子育てのレッスンはもう既に始まっている

あなたにとっても、パートナーにとっても、自分たちから新しい命や新しい人生が生まれてくるということは、とてもうれしいことですし、とても相談な出来事です。
そして、とても緊張も伴うことです。
望んだ妊娠であっても、いろいろな気持ちの揺れであったり、波があってしかるべきです。
子育てがはじまってからもっと色々なハプニングが起きる毎日ですから、今そのレッスンが始まったばかりです。
くれぐれもぽあーとなーと一緒になってキレたりしないでくださいね。
「そうかー、不安もあってネガティブな気持ちなんだよね」と受け止めてあげて、支えてあげてください。
あなたが出産を楽しみにしているということが、「体で命を育む」という大仕事に取り掛かりはじめた彼女の動揺を沈めるものですから。
妊娠16〜20週には赤ちゃんの胎盤も完成し、安定期に入り、心も体も一旦落ち着きますから。
そのころには穏やかえハッピーな笑顔もたくさん見せてくれることでしょう。

おすすめ
浮気調査の料金比較サイト

イイ男になるための、おすすめフレーズ

・「楽しみだよね、でも不安だよね。ありがとう、俺も頑張るよ」
・「つらいことがあってら、何でも言ってくれよ。言ってくれないと分かってあげられなくてごめんな」
・「1日1日、子どもの命が成長しているっていうのはすごい奇跡だよね。」

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !